ものづくり新聞のビジョン・ミッション・バリュー
見出し画像

ものづくり新聞のビジョン・ミッション・バリュー

ものづくり新聞

ものづくり新聞 編集長 伊藤

ものづくり新聞は、製造業の方々向けにインタビュー記事を掲載しているウェブメディアです。
なぜこの活動を始めたのか、そして編集部メンバーについての詳しい内容はこちらの記事をご覧ください。

ものづくり新聞のビジョン・ミッション・バリューを検討するため、株式会社ファイアープレイス渡邉知さんに支援してもらいながら、編集部員でディスカッションを数回繰り返し、ものづくり新聞のキーワードをまとめました。

渡邉さんは「つながりを創出し しあわせの総量を増やす」をミッションに東京や静岡など日本各地のまちづくりアドバイザーを務めたり、つながりの実証実験の「場」として日本橋や川崎にコミュニティスペースやBBQ場、レンタルスペースを運営するなど、多方面で活躍されています。

月に1度、3ヶ月にわたって、渡邉さんにファシリテーションしていただきながら、徐々にまとめていくという方法をとりました。

画像4

1)ビジョン・ミッション・バリューって何?ものづくり新聞が届けたいものは何?

第1回は、そもそもビジョン・ミッション・バリューって何なのか、を渡邉さんの経験も交えて教えていただきました。その上で、メンバーでブレーンストーミングし、ものづくり新聞が届けたい相手は誰なのか、どんな情報を提供し、どんな読後感を伝えたいのか、を付箋に書き出しました。

画像1

画像2

2)編集部員が自分なりのビジョン、ミッション、バリューを提案する

第2回は、第1回で議論したターゲット、伝えたい内容、読後感のキーワードをもとにして編集部員が自分なりに考えたビジョン、ミッション、バリューを提案しました。

画像3

提案内容に対して、全員が意見を出し合い、「ここは共感した」「ここは自分もそう思う」などの議論から重要なキーワードを洗い出していきました。その結果、以下のようなキーワードが出ました。

キーワード

ものづくりを志す人びと
好奇心と喜び 
ワクワクし続ける
共感と共助
想いを代弁する
案内人
リアルを伝える
人にフォーカスする
人をつなぐ
新たな価値を生み出すきっかけ
真面目に向き合う
深く丁寧な取材
ものづくりの未来のために

3)編集長がビジョン、ミッション、バリューを定義し、それに対してディスカッション

第3回は、編集長が前回出てきたキーワードをまとめてビジョン、ミッション、バリューを定義し、それを全員に提案しました。

画像5

その提案に対して意見を出し合い、「もっとここを追加した方がいい」「言葉の定義があいまいなので具体的に修正したい」などの意見が出ました。

iOS の画像 (1)

そうして最終的にまとまった「ものづくり新聞のビジョン、ミッション、バリュー」は以下の内容となりました。

ビジョン(目指すべき世界)

あらゆる人が ものづくりを通して 好奇心と喜びでワクワクし続ける社会の実現

ミッション(進むべき方向性)

ものづくりの現場とつながり、それぞれの人の想いを世界に発信することで共感し、新たな価値を生み出すきっかけをつくりだす

バリュー(提供価値)

・ものづくりの現場を担う一人ひとりにフォーカスし、それぞれの人たちと向き合いながら深く丁寧な取材を行い、取材される側が伝えたいことを聞き取っていく
・自分ごととして課題を捉え、それぞれの人の想いを代弁する言語化を行う
・受信した人たちが次のアクションを行動に移すような発信を行う

ものづくり新聞のサイクル

以上のビジョン、ミッション、バリューをまとめると、以下の図のようなサイクルを回していく、というイメージになります。

画像7

私たちがインタビュー取材した記事を受信した読者(受信者)の方々が、次のアクションをとり、その結果「ものづくりを通して 好奇心と喜びでワクワクし続ける社会の実現」に結びついていきます。その結果ワクワクした人(=ものづくりに関わる人)を私たちがさらに取材し、再び発信していく、というサイクルを回していく、という流れを作っていきます。

私たちの記事を読んで、「次のアクションをとりたい」と思っていただくためには、私たちが取材したい・聞きたいことを聞くのではなく、皆さんが伝えたいことを、私たちが「それぞれの人たちと向き合いながら深く丁寧な取材を行う」ことが必要だと考えています。


みんなにも読んでほしいですか?

オススメした記事はフォロワーのタイムラインに表示されます!

何かご興味があればこちらから。掲載企業へのお問い合わせや取材のご相談など、ものづくり新聞編集部が窓口となりサポートします!まずはご相談からお気軽にどうぞ(無料)

ありがとうございます!また読みにきてくださいね!
ものづくり新聞
あらゆる人がものづくりを通して好奇心と喜びでワクワクし続ける社会の実現をビジョンに、ものづくりの現場とつながり、それぞれの人の想いを世界に発信することで共感し新たな価値を生み出すきっかけをつくりだすメデイア。運営:株式会社パブリカ:https://publica-inc.com/