マガジンのカバー画像

ものづくりインタビュー

26
ものづくりの現場で、改革/改善に挑戦されている人たちに、その取り組みのストーリーをリアルに語っていただくインタビューです。同じように改革/改善に取り組まれている方、そしてこれから… もっと読む
運営しているクリエイター

#インタビュー

作り手が真ん中にいる自社ブランド『ヤマチク』  働く人の価値を最大化するためにひた走る

皆さんがご家庭で使われている箸は何から作られていますか?

熊本県南関町(なんかんまち)という小さな町に、竹の箸を製造・販売している株式会社ヤマチクがあります。

                            

(c)ヤマチク

竹の箸作りを覗いてみましょう工場の外では、竹を蒸したり乾燥させる大きな機械が並んでいます。防カビ、防虫のためどちらも欠かせない処理です。

編集部が伺うと、箸

もっとみる
ありがとうございます!嬉しいです!!

外に対してオープンになることで道は拓かれた 乗富鉄工所が手掛けるノリノリプロジェクトヒストリー

ノリノリプロジェクトとは、福岡県柳川市の株式会社乗富鉄工所の商品開発プロジェクトです。乗富鉄工所は創業以来、河川の水門をメインに水利施設機械や産業機械を製造している会社です。人々の暮らしを守る仕事をしてきた乗富鉄工所が手掛ける“ノリノリ”な仕事には、一体どんなワクワクが詰まっているのでしょうか?

ノリノリプロジェクトの発起人である、株式会社乗富鉄工所の次期後継者である乘冨賢蔵(のりどみ けんぞう

もっとみる
ありがとうございます!励みになります!

たった2人の金型メーカー 多方面へのアンテナを張りながら楽しく面白い金型屋でありたい



今回取材したのは、埼玉県所沢市でプラスチック金型製造業を営むベクトルの原田 英一郎(はらだ えいいちろう)さんと、原田亜紀(はらだ あき)さんです。設計や製造は英一郎さんが担当し、亜紀さんは経理などの事務全般とTwitter運営を担当しています。

継ぐ予定はなかった・・・でも目を奪われた切削加工

🗞設計から金型製作までお一人でやられているとのことですが、スキルはどこで習得されたのですか?

もっとみる
ありがとうございます!励みになります!

社員20名の熱処理の町工場が最優先に取り組む人事評価制度 「スキルアップ制度」で社員の“次の一歩”を促す

熱処理という言葉はご存知ですか?

製造業に従事されている方々は聞き慣れている言葉かもしれません。神奈川県大和市に本社を構える武藤工業株式会社は、熱処理をはじめとする表面処理や機械加工をメインとする会社です。

武藤工業株式会社は製造技術だけでなく、働き方や環境の整備にも力を入れています。本日は取締役の松川羽呼(まつかわ わこ)さん、現場担当の栗田一真(くりた かずま)さんにお話をお伺いしました。

もっとみる
ありがとうございます!励みになります!

【ものづくり女子の休憩室 後編】職場のトイレ、なんだかんだで慣れているけど・・・

ものづくり企業で働く女性の方々に本音でトークいただくものづくり女子の休憩室。第一回目の今回は、全国各地のものづくり企業の現場で働く女性の皆さんにお集まりいただき、オンラインで開催しました。

なぜ ものづくり企業に入ったのか、働く中で危険な目にあったことはあるのか、会社アカウントのSNSの運用はどうやっているのか?などを語り合った前編に続き、“ここだけの話”はどんどん盛り上がっています。

さて、

もっとみる
ありがとうございます!励みになります!

【ものづくり女子の休憩室 前編】みんな、なんで製造業で働いているの?

「今度、新卒の方が入社することになったんです。」
「若手の採用に力を入れたいんだけど・・・」

取材していると、そんな声に出会うことがあります。
ものづくりの未来を考えた時、若手の育成や技術継承は課題の一つです。採用や研修など既に工夫して取り組まれている企業も様々あります。

私たちは取材を通し、どんな改革もそこで働く人たちや取り巻く環境に目を向けることが重要であると感じています。そして、今ものづ

もっとみる
ありがとうございます!励みになります!

グローブ職人育成学校を作りたい!100周年を迎える奈良県三宅町のグローブ製造

「ものづくり企業ではたらく人たち〜ものひと〜」
シリーズ第3弾🌟ものづくりの現場により近い方にお話を聞くこのシリーズ。どんな思いでものづくりに携わっているのか、どんな未来を思い描いているのか、記者の中野が元製造業従事者としてより近い目線でインタビューします!

今回インタビューするのは、奈良県三宅町で野球用のグローブを製造されている合同会社Craftermindの酒井真矢さん(右)、アサダスポー

もっとみる
ありがとうございます!嬉しいです!!

中小企業こそ環境にやさしいものづくりを 10年前から武州工業のSDGsは始まっていた

持続的なものづくりとはどのようなものづくりでしょうか?
SDGsという言葉も盛んに言われるようになりましたが、ものづくり企業のSDGsとはどのような取り組みが必要でしょうか?

ものづくりと環境問題は切っても切れない関係です。効率良く高品質の製品を生産することができても、持続的にものづくりをするためには、環境に配慮することは重要なことです。

一方で現場からはこんな声が聞こえてくるかもしれません。

もっとみる
ありがとうございます!励みになります!

まずは自分たちが製品の虜になる!株式会社パーツ精工 開発事業部の奮闘記

「ものづくり企業ではたらく人たち〜ものひと〜」
シリーズ第2弾🌟
ものづくりの現場により近い方にお話を聞くこのシリーズ。どんな思いでものづくりに携わっているのか、働く上でどんなことを大切にしているか、元製造業従事者としてより近い目線でインタビューします!

今回は埼玉県三郷市の株式会社パーツ精工さんです。

つくばエクスプレス三郷中央駅を降り、数分ほど歩くとパーツ精工さんの工場が見えてきました。

もっとみる
ありがとうございます!励みになります!

製造業は楽しく、夢がある 独自の企業ブランディングで爆走する影山鉄工所

ものづくり新聞編集部員がInstagramにフォトジェニックな作業者の方の写真や工場風景を見つけました。オフィス風景の写真は町工場というにはおしゃれすぎます。どんな会社なのでしょう。この会社の社長さんはどんな方なのでしょう。

気になった編集部員が調べたところ、それは、静岡県沼津市に拠点を構え建築用鉄骨の加工や溶接を行なっている株式会社 影山鉄工所という会社さんでした。早速取材依頼をお送りしたとこ

もっとみる
ありがとうございます!嬉しいです!!

創業133年の紙リサイクル企業がペーパーレス!株式会社川春が取り組むDX

古紙を回収し製紙原料として販売する紙リサイクルの現場でもDXが進んでいるというお話を聞き、ものづくり新聞編集部が取材を試みたのは東京都中央区と埼玉県朝霞市に拠点を持つ株式会社川春さんです。
明治21年創業の川春さんは、印刷工場などから出る産業古紙を回収し、”ベール”と呼ばれる塊(長方体)に圧縮したあと、製紙工場に運搬するという業務を行なっています。これらの業務の中でやりとりされる書類をクラウド化し

もっとみる
ありがとうございます!励みになります!

Twitterでの繋がりが町工場をパワーアップさせた!若き兄弟の奮闘はまだ始まったばかり

「ものづくり企業ではたらく人たち〜ものひと〜」
シリーズ第一弾🌟今回よりものづくり新聞記者中野のメイン企画がはじまります!
ものづくりの現場により近い方にお話を聞くこのシリーズ。どんな思いでものづくりに携わっているのか、働く上でどんなことを大切にしているか、元製造業従事者としてより近い目線でインタビューします!

第一回は山形県東村山郡山辺町の有限会社ヒカルマシナリーさんです。

お二人とも會田

もっとみる
ありがとうございます!嬉しいです!!

CuboRexラボ訪問!自分が欲しいものは自分で作るのが当たり前の世の中にしたい

6月某日、株式会社CuboRexに訪問してきました。
CuboRexさんは不整地で使えるガチなレゴ*を作り、不整地産業の課題を解決するために「ねこ車電動化キット」や小さな「クローラ動力ユニット」を開発し、製造販売しています。今回は東京都荒川区にある東京ラボを訪問し、製品やラボの見学、開発経緯などじっくり取材させていただきました。その様子をお届けします!
*レゴはレゴブロックのことを指しています。「

もっとみる
ありがとうございます!励みになります!

デジタルなものづくりから、リアルな製造業へ 100年続く町工場でDXを推進する5代目アトツギの挑戦

今回は自動車シートの木型などを製造されている株式会社昭和製作所の奥野雄大さんにインタビューしました。
奥野さんはデジタル系制作会社勤務を経て、2014年に家業である昭和製作所に入社し、以来6年以上インドネシア工場で営業や製造管理に従事されています。
100年以上続く町工場の次期後継として、DXにチャレンジする奥野さんはどんな未来を描いているのでしょうか?

デジタル系とリアルな製造業は実は似ている

もっとみる
ありがとうございます!嬉しいです!!