ものづくりインタビュー

22
+9

社員20名の熱処理の町工場が最優先に取り組む人事評価制度 「スキルアップ制度」で社員の“次の一歩”を促す

熱処理という言葉はご存知ですか?

製造業に従事されている方々は聞き慣れている言葉かもしれません。神奈川県大和市に本社を構える武藤工業株式会社は、熱処理をはじめとする表面処理や機械加工をメインとする会社です。

武藤工業株式会社は製造技術だけでなく、働き方や環境の整備にも力を入れています。本日は取締役の松川羽呼(まつかわ わこ)さん、現場担当の栗田一真(くりた かずま)さんにお話をお伺いしました。

もっとみる
ありがとうございます!ものづくり新聞もフォローください!
+11

【ものづくり女子の休憩室 後編】職場のトイレ、なんだかんだで慣れているけど・・・

ものづくり企業で働く女性の方々に本音でトークいただくものづくり女子の休憩室。第一回目の今回は、全国各地のものづくり企業の現場で働く女性の皆さんにお集まりいただき、オンラインで開催しました。

なぜ ものづくり企業に入ったのか、働く中で危険な目にあったことはあるのか、会社アカウントのSNSの運用はどうやっているのか?などを語り合った前編に続き、“ここだけの話”はどんどん盛り上がっています。

さて、

もっとみる
ありがとうございます!ものづくり新聞もフォローください!
+12

【ものづくり女子の休憩室 前編】みんな、なんで製造業で働いているの?

「今度、新卒の方が入社することになったんです。」
「若手の採用に力を入れたいんだけど・・・」

取材していると、そんな声に出会うことがあります。
ものづくりの未来を考えた時、若手の育成や技術継承は課題の一つです。採用や研修など既に工夫して取り組まれている企業も様々あります。

私たちは取材を通し、どんな改革もそこで働く人たちや取り巻く環境に目を向けることが重要であると感じています。そして、今ものづ

もっとみる
ありがとうございます!ものづくり新聞もフォローください!
+14

グローブ職人育成学校を作りたい!100周年を迎える奈良県三宅町のグローブ製造

「ものづくり企業ではたらく人たち〜ものひと〜」
シリーズ第3弾🌟ものづくりの現場により近い方にお話を聞くこのシリーズ。どんな思いでものづくりに携わっているのか、どんな未来を思い描いているのか、記者の中野が元製造業従事者としてより近い目線でインタビューします!

今回インタビューするのは、奈良県三宅町で野球用のグローブを製造されている合同会社Craftermindの酒井真矢さん(右)、アサダスポー

もっとみる
ありがとうございます!ものづくり新聞もフォローください!
+9

中小企業こそ環境にやさしいものづくりを 10年前から武州工業のSDGsは始まっていた

持続的なものづくりとはどのようなものづくりでしょうか?
SDGsという言葉も盛んに言われるようになりましたが、ものづくり企業のSDGsとはどのような取り組みが必要でしょうか?

ものづくりと環境問題は切っても切れない関係です。効率良く高品質の製品を生産することができても、持続的にものづくりをするためには、環境に配慮することは重要なことです。

一方で現場からはこんな声が聞こえてくるかもしれません。

もっとみる
ありがとうございます!ものづくり新聞もフォローください!