ものづくりインタビュー

23
+18

たった2人の金型メーカー 多方面へのアンテナを張りながら楽しく面白い金型屋でありたい



今回取材したのは、埼玉県所沢市でプラスチック金型製造業を営むベクトルの原田 英一郎(はらだ えいいちろう)さんと、原田亜紀(はらだ あき)さんです。設計や製造は英一郎さんが担当し、亜紀さんは経理などの事務全般とTwitter運営を担当しています。

継ぐ予定はなかった・・・でも目を奪われた切削加工

🗞設計から金型製作までお一人でやられているとのことですが、スキルはどこで習得されたのですか?

もっとみる
ありがとうございます!ものづくり新聞もフォローください!
+9

社員20名の熱処理の町工場が最優先に取り組む人事評価制度 「スキルアップ制度」で社員の“次の一歩”を促す

熱処理という言葉はご存知ですか?

製造業に従事されている方々は聞き慣れている言葉かもしれません。神奈川県大和市に本社を構える武藤工業株式会社は、熱処理をはじめとする表面処理や機械加工をメインとする会社です。

武藤工業株式会社は製造技術だけでなく、働き方や環境の整備にも力を入れています。本日は取締役の松川羽呼(まつかわ わこ)さん、現場担当の栗田一真(くりた かずま)さんにお話をお伺いしました。

もっとみる
ありがとうございます!ものづくり新聞もフォローください!
+11

【ものづくり女子の休憩室 後編】職場のトイレ、なんだかんだで慣れているけど・・・

ものづくり企業で働く女性の方々に本音でトークいただくものづくり女子の休憩室。第一回目の今回は、全国各地のものづくり企業の現場で働く女性の皆さんにお集まりいただき、オンラインで開催しました。

なぜ ものづくり企業に入ったのか、働く中で危険な目にあったことはあるのか、会社アカウントのSNSの運用はどうやっているのか?などを語り合った前編に続き、“ここだけの話”はどんどん盛り上がっています。

さて、

もっとみる
ありがとうございます!ものづくり新聞もフォローください!
+12

【ものづくり女子の休憩室 前編】みんな、なんで製造業で働いているの?

「今度、新卒の方が入社することになったんです。」
「若手の採用に力を入れたいんだけど・・・」

取材していると、そんな声に出会うことがあります。
ものづくりの未来を考えた時、若手の育成や技術継承は課題の一つです。採用や研修など既に工夫して取り組まれている企業も様々あります。

私たちは取材を通し、どんな改革もそこで働く人たちや取り巻く環境に目を向けることが重要であると感じています。そして、今ものづ

もっとみる
ありがとうございます!ものづくり新聞もフォローください!
+14

グローブ職人育成学校を作りたい!100周年を迎える奈良県三宅町のグローブ製造

「ものづくり企業ではたらく人たち〜ものひと〜」
シリーズ第3弾🌟ものづくりの現場により近い方にお話を聞くこのシリーズ。どんな思いでものづくりに携わっているのか、どんな未来を思い描いているのか、記者の中野が元製造業従事者としてより近い目線でインタビューします!

今回インタビューするのは、奈良県三宅町で野球用のグローブを製造されている合同会社Craftermindの酒井真矢さん(右)、アサダスポー

もっとみる
ありがとうございます!ものづくり新聞もフォローください!
+9

中小企業こそ環境にやさしいものづくりを 10年前から武州工業のSDGsは始まっていた

持続的なものづくりとはどのようなものづくりでしょうか?
SDGsという言葉も盛んに言われるようになりましたが、ものづくり企業のSDGsとはどのような取り組みが必要でしょうか?

ものづくりと環境問題は切っても切れない関係です。効率良く高品質の製品を生産することができても、持続的にものづくりをするためには、環境に配慮することは重要なことです。

一方で現場からはこんな声が聞こえてくるかもしれません。

もっとみる
ありがとうございます!ものづくり新聞もフォローください!
+7

夢を掴んだ東京を離れ、16年ぶりの地元で見つけた希望 特注ソファ製造と自社ブランドで株式会社フジライトは突き進む

”D2C”という言葉はご存知でしょうか。Direct to Consumerの略で、企業と一般消費者が直接取引する形態を指しています。直接商品を提供することで、コスト削減やコアなファンの獲得などが期待できます。B2Cと近いキーワードですが、仲介業者などを介さない分お客様と近い距離で販売するのがD2Cです。

一般のお客様と直接繋がるわけですから、商品ラインナップや販売方法などに新たな工夫を求められ

もっとみる
ありがとうございます!ものづくり新聞もフォローください!
+27

まずは自分たちが製品の虜になる!株式会社パーツ精工 開発事業部の奮闘記

「ものづくり企業ではたらく人たち〜ものひと〜」
シリーズ第2弾🌟
ものづくりの現場により近い方にお話を聞くこのシリーズ。どんな思いでものづくりに携わっているのか、働く上でどんなことを大切にしているか、元製造業従事者としてより近い目線でインタビューします!

今回は埼玉県三郷市の株式会社パーツ精工さんです。

つくばエクスプレス三郷中央駅を降り、数分ほど歩くとパーツ精工さんの工場が見えてきました。

もっとみる
ありがとうございます!ものづくり新聞もフォローください!

製造業は楽しく、夢がある 独自の企業ブランディングで爆走する影山鉄工所

ものづくり新聞編集部員がInstagramにフォトジェニックな作業者の方の写真や工場風景を見つけました。オフィス風景の写真は町工場というにはおしゃれすぎます。どんな会社なのでしょう。この会社の社長さんはどんな方なのでしょう。

気になった編集部員が調べたところ、それは、静岡県沼津市に拠点を構え建築用鉄骨の加工や溶接を行なっている株式会社 影山鉄工所という会社さんでした。早速取材依頼をお送りしたとこ

もっとみる
ありがとうございます!ものづくり新聞もフォローください!

創業133年の紙リサイクル企業がペーパーレス!株式会社川春が取り組むDX

古紙を回収し製紙原料として販売する紙リサイクルの現場でもDXが進んでいるというお話を聞き、ものづくり新聞編集部が取材を試みたのは東京都中央区と埼玉県朝霞市に拠点を持つ株式会社川春さんです。
明治21年創業の川春さんは、印刷工場などから出る産業古紙を回収し、”ベール”と呼ばれる塊(長方体)に圧縮したあと、製紙工場に運搬するという業務を行なっています。これらの業務の中でやりとりされる書類をクラウド化し

もっとみる
ありがとうございます!ものづくり新聞もフォローください!